TOPPapyMamaコラム会員さんからの

妻の乳がん闘病体験記3

『妻の乳がん闘病体験記3』

がんと診断を受けてもすぐに手術となるわけではありません。
いろんな精密検査をして、その結果に従って治療方針が決まります。
この検査を受けながら結果を待つ時間が、
何とも言えない心地の悪い時間です。
妻の場合、幸いにして他臓器への転移はこの時点では見つかりませんでした。
手術は告知から約2週間後に決まりました。
もともと151cmと小柄で45kgほどしかなかった妻の体重は、
この間に心労から40kgを切るほどになっていました。
手術の内容は、左乳房の全摘出です。
そして他の外科手術と大きく異なるのが、手術で治療が終わりになるのではなく、
そこから治療がスタートするということです。
入院したのは乳腺外科の病棟で、
その多くががんを患った人たちです。
抗がん剤の影響で頭髪が抜けてしまったのか、
頭をバンダナで覆った人も多く見かけました。
そのことは自分たちの置かれている状況を再認識させるには十分なものでした。
手術自体は3時間ほどで終わりました。
そして摘出された組織の細胞診の結果を待ちます。
胸の筋肉への転移は見当たりませんでしたが、
一緒に摘出したリンパ節25個のうち、数個からがん細胞が見つかりました。
センチネルリンパ節といわれるこのリンパ節は、
リンパに入ったがんが最初にたどりつくところで、
ここでがんが見つからなければ転移の可能性は低くなると聞かされていました。
リンパ節でがんが見つかっても転移とは言わないらしいですが、
がんが見つかったことで、今後の転移の可能性は決して小さくはないということになります。
治療を受ける上で昔と大きく異なるのは、
インターネット等の普及により、
素人でも調べれば自分がどういう治療を受けていて、
どういう状態なのかわかってしまうということです。
私も素人なりにどういう状態なのか調べました。
そして導きだしたのは5年生存率60%という数字でした。



妻の乳がん闘病体験記2

『妻の乳がん闘病体験記2』

前回、がんの告知を受けたところまでお話ししました。
現在はほとんどの場合、本人に対してがんの告知を行うようです。
そして、考えられるあらゆるケースの説明を受けます。
たとえば、可能性としては極めて少ないが、
ゼロではないような最悪のケースまで聞かされてしまいます。
もちろん、良くなる場合の話もありますが、楽観的な話はあまり強調された記憶がありません。
医療訴訟も多くなっている昨今、医師も「絶対に良くなりますよ…」
などという言葉は安易に言わないなんて話も聞いたことありますが、あながち嘘ではないのかもしれません。

医師から告知を受けると、
今度は身内に話をするという作業が待っています。
子どもたちは当時2年生と3歳、
詳しい説明まではしませんでしたが、
上の子は大変な病気だということは何となく理解していたようです。
3歳の娘は理解できるわけもありません。

そして、もっとつらいのが親に話すことです。
多くの親御さんが自分に責任を感じてしまうようです。
ここで大切なのは負のスパイラルに陥らないように、
治療して元気になるんだという前向きな気持ちを持つことです。
それはやはり配偶者(この場合、夫である私)の役割だと思います。
実際、何をしたのか?といわれると、これっていうのはありません。
正直言って、かける言葉も見つかりませんし、
妻の気持ちを考えれば何を言っても気休めであり、
ひと事だからと思われてしましそうで。
ただ、出来るだけそばにいるようにしたくらいです。



妻の乳がん闘病体験記1

『妻の乳がん闘病体験記1』

みなさん、はじめまして。
私は岡山市内に住む40代半ばの男性です。

私の妻は40歳の時、乳がんとの診断を受け、
左乳房の全摘出手術を受けました。
今度の春で一つのめどといわれていた術後5年を迎えます。

「がん」、とくに女性にとって乳がんという病気はとても心配な病気の一つだと思います。
私たち夫婦がこの病気の治療の中で経験したことや気付いたことを、
このコラムの場をお借りしてお話させていただき、
多少なりとも皆さんの参考になる部分があればと思っています。
ただ、私は医療の専門家ではありませんので、
医学的な見地とは違った部分があるかもしれません。
また、私自身が治療の苦しみを経験しているわけでもありません。
あくまで夫の立場からこの5年間を振り返ってみようと思います。

また、非常にセンシティブな内容になりますので、
私を含め、多くの方々のお名前や施設名なども伏せさせていただくことをご了承ください。

妻が最初に異変に気付いたのは
手術を受けた前年の初夏になります。
乳房の小さなしこりに気付いた妻は近所の医院で受診し、
そこで詳しい検査を受けることを勧められ、
総合病院を紹介してもらいます。
精密検査の結果は乳腺症という診断でした。
2ヶ月後の再診でもその診断は変わらず、
経過観察をするということで、6ヶ月後に様子を見ましょうということになりました。

この間に、気にしていたしこりは次第に大きくなり、
乳首から褐色の分泌物が出ることもあったのですが、
すでに検査を受けていること、そして何よりもそう信じたいという気持ちがあり、
再診の予約日より前に病院を訪れることはありませんでした。

そして再診の日、私は妻からの電話を会社で受けました。
「早急にお話ししたいことがあるので、
ご主人と一緒に明日にでも病院に来てくださいと言われた・・・。」
元来気の強い妻は、つとめて冷静にそれだけ伝えると、
早々に電話を切りました。

翌日、会社を休んで妻と二人病院を訪ね、
先生から乳がんであるとの告知を受けます。
よく小説などで、
頭の中が真っ白で、言葉は響くけど理解できない
といった表現がありますが、まさにそれです。
そして、担当医の口から残念な言葉を聞きます。

「私で頼りないと思われるのなら、どこの病院にでも紹介状を書きます。」

おそらく半年前にがんを見つけられなかったことからでた言葉だと思います。
しかし、唯一の頼みである主治医からは決して聞きたくなかった言葉でした。
当然、どうして半年前にわからなかったのか、
質問もしましたし、その後医療訴訟も頭において私なりに調べたりもしました。

妻の場合、乳腺症と間違いやすいタイプのがんだったようです。(ここでは詳細を省きます)

乳がんの検査で「マンモグラフィー」という方法をよく聞くと思います。
確かにとても良い検査方法であることは間違いないのですが、
まだ乳腺が発達している状態の女性(40代よりも若い方)の場合、
この方法ではわかりにくいことも多いようです。
妻の場合も「マンモグラフィー」もしていることで、安心してしまっていたようです。

もうひとつ考えていただきたいのが「セカンドオピニオン」。
半年前にもし他の病院で診てもらっていれば見つかっていたかも知れない。
半年前にわかっていれば、特に術後再発の可能性を抑えることができたはずです。
主治医との信頼関係とか気になると思いますが、
何より自分や家族の身体の問題です。
そして受診する施設によってスキルに差があることも認識しておく必要があると思います。

後で後悔することがないよう、できることは全てしておく方がいいのではないでしょうか?

また、経過観察中であっても異変に気付いた場合には急いで受診してください。
なんでもなければそれでいいのです。

私たちは結局、その先生に手術をお願いすることにしました。
病気がわかった以上、今から他の病院で検査からやり直すより、
手術を急ぐ必要があると考えたからです。
その日から長い闘病生活が始まりました。

がんという病気は、漠然とした不安から現実のものへと変わったのです。
妻40歳、私は41歳、長女8歳、二女3歳の春のことです。



RECOMMEND

RECOMMEND


Thanks for supporting ...




Knowing me Knowing you