Nice to meet you!

Satomi Columnこんにちは!
パピママ運営メンバーの石川です。

このたび、私たち運営メンバーの友人であり、英語の国際ライセンスを持ち英語を愛しているSabina(サビナ)に英語についてのコラムを書いてもらうことになりました★

日常に使えるちょっとした単語も最後に出てきます。
これから月に1回、このコラムをお届けしますので楽しみにしてください!

 

Hi! Everyone.
I’m Sabina from Bangladesh.
How’re you all doing?
Nice to meet you! By profession, I’m a doctor, and presently I work at Okayama University Hospital.
I have been married for 26 years and have 2 sons.
When my family first arrived in Japan almost 23 years ago,
my eldest son was just two and a half years old and now he is 25!

My youngest son was born in Okayama and is now 9 years old.
We live in Okayama for my husband’s job.
Our native language is “Bangla or Bengali."

English is our second language.
So when we decided to settle in Japan,
it was a big challenge for us to teach our children Bangla and English,
in parallel with Japanese, which they spoke naturally!

However, I’m proud to say that both my children are trilingual,
although Japanese remains their strongest language.

I was not born a native speaker of English,
but since my father was a diplomat,
I spent four years of my elementary school life in London,
UK and continued my education in English, after returning to Bangladesh.
Traveling with my father to many countries in my childhood,
made me realize from a very young age, the usefulness of English,
native speakers,like us.

To be honest, if I hadn’t become a doctor as per my father’s wishes,
I would have definitely become an English teacher!
Although I love English, I have never tried to speak exactly like a Native speaker.
Rather, I try to speak correctly, clearly and fluently, so that anyone, anywhere in the world, can understand my English.

As a person, I always like to be myself.
I learn from others but I never try to be “like others."
I am just happy to be communicating fluently in three other languages (English, Japanese and Hindi),
traveling, making new friends and discovering the unknown.

If possible, I would like to use this column to encourage my Japanese friends to learn English more seriously.
Please remember, learning English is a journey, not a destination.

Finally, I would like to take this opportunity to thank the members of “パピママ” particularly my dear friend Satomi Ishikawa” for letting me write a column in this website and share my views.

Welcome to my first column.

Sabina Mahmood
http://www.linkedin.com/profile/view?id=128296195&trk=nav_responsive_tab_profile http://sueshejapan.blogspot.jp/

~One point English!!~
・ Have a nice day: 行ってらっしゃい
・I’m home: ただいま/ Let's eat: 頂きます

 

皆さん初めまして。
サビナです!
私はバングラデシュから来ました。
48歳です。よろしくお願いします。

職業は医者です。
現在岡山大学病院に所属しております。
結婚しています。
25歳の長男と9歳の次男がいます。
家族と一緒に、23年前日本に来ました。そして現在主人の仕事の関係で日本に滞在しています。
日本に来日した時に長男は2歳半でした。次男は岡山市でうまれました。

母国語は“バングラ = ベンガル語”です。
英語は第二言語です。
日本に住む事が決まった時にはいろいろ不安がありました。
とくに「どのように日本人みたいに日本語を話す子供にベンガル語と英語をおぼえさせれば良いか」
が一番のチャレンジでした!
でも現在息子達は3か国語を話せます。もちろん日本語が一番上手です。

自分は英語のネーティブスピーカーとして生まれてないけど、
外交官をしていた父のお蔭で小学校の4年半ぐらいをイギリスのロンドンで過ごしました。
そしてバングラに帰っても英語の教育を続けました。
子供のころから父といろんな国へ行って、新し文化を学ぶ事が出来ました。
その時から英語の力をよく感じました。
英語ができれば世界のいろんな扉が開きます。
いろんな楽しみが待っています。
私は父の夢をかなえて医者になりましたけど、英語の先生になりたい時期もありました!

しかし小さい時から英語が大好きな私はネーティブスピーカーになりたいとも思ったことがありません。
それよりも英語を誰でもに聞き取りやすい、正しい、分かりやすい、きれいな英語を話したかったです。

性格としても私は自分らしく生きるのが好きです。
まわりから学ぶ事がいっぱいあるけどまねする事はありません。
現在母国以外に3か国語を話せて(英語、日本語、ヒンディ語)、
旅に出て、いろんな国の友達を持っていて家族とともに、楽しい毎日を過ごしています。

できればこのブログをとうして日本人の友達の英語教育を応援したいです。
英語教育は目的ではなく一生続く旅と思って下さい。

最後にパピママの皆様へ、特に私の親友石川智美様にお礼を言いたいです。
このサイトにコラムを書かせてくれて本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

サビナの初めてのコラムへようこそう!
また来月にここで合いましょうね!Bye!

サビナ マハムド



RECOMMEND

RECOMMEND


Thanks for supporting ...




Knowing me Knowing you